千葉で“家族葬か一般葬か”。迷っていては葬儀社に相談は無理?

葬儀の準備には百戦錬磨のポロといえども絶対的な準備期間は必要です。

迷って時間をなくしてしまうより、先に連絡をして相談に乗ってもらうことが大事です。

▽ザックリした規模がわかればそれだけでもOK。

葬儀の規模をどうしたら良いかは、なかなか見当がつかないこともあります。

それでも家族葬にするか一班葬にするか、50人程度の会葬者なのか、あるいは100人を超えるかも知れない規模になるのかなど、ザックリとした想像はできるのではないでしょうか。

千葉であれどこで行なう葬儀であれ、式の手配は早いほど融通が利くものです。

現時点で絞り込めなくても、まずこの程度の段階で連絡しておきましょう。

芸能人ともなると大規模で行う場合もあるようです。【pick up】ジャニー社長お別れ会 招待された退所組、出席を悩む人も(NEWS ポストセブン) – Yahoo!ニュース

▽連絡が早いほど会場の手配にも余裕が出る。

葬儀社にとって重要なのは、規模と場所と日程です。

それによって手配の都合が変わってきますが、日程が差し迫ってからでは条件に合わせることがむずかしくなります。

千葉で目星をつけた葬儀社があるのなら、そこに連絡をしてまず打ち合わせに来てもらいましょう。

規模は会場と会場の間仕切りを外すことで部屋同士を連結させ大きくすることができます。

その逆ももちろん可能です。

早い段階なら規模の確定は後回しにできます。

▽葬儀は規模・場所・日程の他、祭壇の飾り付けなど決めておくべき事柄が多くあります。

早い時期に連絡を取りましょう。

葬儀の規模の確定に迷って連絡をしないままでいると、ご遺体の安置場所などにも支障が出て、葬儀の規模や内容は後回し・後手になってしまいます。

千葉といえども繁忙期には申込みが増えて対応が難しくなることもあるので、まず連絡をして相談に乗ってもらうことを優先させましょう。

コメントは受け付けていません。