工事保険の年間包括契約

工事保険は工事に関する保険の総称です。

一般的には、「工事第三者賠償保険」「労災上積み保険」「建設工事保険」の3つのエリアの保険の総称になっています。

労災系の工事保険は、任意労災、業務災害補償などの名称になっていることもあります。

建設工事保険は、建築工事保険となっている会社もあります。

個別に契約を行うと、特別な保険料率の適用ではなく、売上高によって保険料が決まる年間包括契約なども人気です。

工事保険はコストがかかるもの。

どうしたらこのコストを削減できて、その上作業員や資材に降りかかるリスクを回避できるのでしょうか。

大切なのはこまめな見直しです。

特に会社が大きくなっている途中の企業では、現場に出る人の数も増えていますから、従業員に何かあった時の補償は早急な対応が必要になります。

現在の保険で補償できないとなると、損害も大きくなってしまいます。

現場の悩みのひとつとして、作業員の定着率の問題があります。

せっかく怪我などのために補償をする目的でコストをかけているのに、ケガをすると無断欠勤して辞めていく作業員には、頭が痛いことも多いですよね。

会社受け取りで会社から見舞金を出すという保険もあります。

経費処理のアドバイスも含めて総合的に保険の管理ができるFPの担当者に相談しながら、工事保険の内容を検討しましょう。

元請け側の希望も聞いて、間に入って最適な工事保険を紹介してくれる会社を選べば、難しい保険商品選びもぐっと楽になります。

◆参考資料=>『【マンション業界の秘密】建設現場で事故&施工ミス続出 人手不足で職人奪い合う

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.