葬儀慣れしていなくても千葉の葬儀社と強気で交渉できる?

葬儀慣れしていないことに不安を感じる必要はありません。

葬儀といえども商談と同じです。

譲れない条件、その代わり譲歩してもいい点を整理して臨みましょう。

▽交渉をうまく成立させる法則・3つのポイント。

葬儀慣れしていないと言いますが、その道のプロでも無い限り葬儀に慣れている人などいません。

大家族で昔ながらの檀家で千葉の一定地域を仕切っているとかなら別ですが。

というワケで、葬儀社との交渉術についてですが、交渉を円滑に進めるには3つのポイントがあります。

それは①最初に葬儀の予算を一定の幅をもたせて決めておく。

②葬儀の規模や日程をはっきりさせておく。

③譲れるところを用意しておく、この3点です。

▽千葉の葬儀社に選択の余地を残すとは?

上記の③の譲れるところとは、たとえば葬儀会場の場所とか、火葬場の併設は問わないとか、親族控室のグレードは問わない、あるいは葬儀社の都合の良い千葉の会館があるなら言ってくれといった感じです。

遺族側の絶対的な要望は①と②、その代わり葬儀社に選択権を渡すのが③。

こんなふうに立て分けておくと、葬儀社の営業としてもやりやすく面目が立ちます。

▽交渉術とは、お互いの利益を計算しつつ、結果としてこちら側(遺族・主宰者)の満足を勝ち取ることです。

交渉というのは、「100%こちらの言うことを聞け」では成立しません。

千葉の葬儀であっても交渉事として満足を得たいのなら、交渉の法則(上記①②③)を守るべきです。

「安くしてくれ、その代わり会館はどこでも良い」、早い話がそういうことです。

相手にもプラスの余地を残しましょう。

最後に詳細な見積もりはしっかり請求すべきです。

・こんな気になる記事見つけました。⇒https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/20190320-OYT8T50020/

コメントは受け付けていません。